複雑化した蛇口の異変や修理は水道工事会社に依頼

日常を考えると、水道の蛇口をひねると水が出ます。当たり前の話に思えるのも、日本のインフラがしっかり整備されているからです。もしも、蛇口が壊れたときには、水が出ても止めることができなくなることがあります。小さな変化から修理のタイミングも見つけられるため、直さなければいけない状況を見逃さないのが重要です。

■音がしたときには部品の異変

キッチンでも蛇口は毎日使います。キッチンで料理をしなくても、洗面所で手を洗うときには水を出すでしょう。必ずどこかで蛇口が使われているため、異常が起きれば気がつきやすい場所です。
蛇口にもいろいろなトラブルが起きますが、すぐに気がつくのは音です。使ったときに、何か違う音が出たときには、異常が出ている可能性があります。部品が古くなると何らかの音が聞こえることがあり、部品がしっかりと止まらず、隙間ができたりすることで音が聞こえます。そういった時には問題がある部分を見つけて蛇口 交換をする必要があります。原因が見つからないときには、水道工事会社に点検してもらうといいでしょう。

■高機能でも複雑化してきた蛇口

最近では、蛇口も複雑化してきています。センサーが取り付けられているタイプも出てきて、生活で便利に使うことができます。便利な機能は単純な構造でない場合も多く、以前のようにパッキンだけ交換するというのも難しくなりました。水が止まらない状況の場合には、工事が必要なケースも出てきます。
まずは、一時的に水道から流れる水を止めるため、止水栓や元栓を閉めて業者の手配をします。水の流れを遮断することで、とりあえず被害を最小限に抑えることができます。

■まとめ
家庭内の水道設備で異常を感じたときには、原因を見つける必要が出てきます。はっきりとわからなくても、異変を感じるのは、なにかが起きているからです。水道工事会社に点検してもらう必要もありますので、普段からどんなところに依頼できるかも検討しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ