風呂場で使う給湯器の水道工事

風呂場や台所では、給湯器が欠かせないものになってきました。ほとんどの場合には、屋外に設置して使いますが、中には屋内設置型もあり、建物に合わせて多くの種類があります。毎日使う場合も多い給湯器だけに時間とともに劣化してしまいトラブルにつながりますが、目につかない状況も多いのが問題です。

■部品を交換しても他にも壊れる可能性がある

給湯器は、メンテナンスフリーの設備ではありません。頑丈な作りをしていますが、時間とともに必ず劣化します。水を使うだけでも金属は腐食しますし、ゴムのパーツは弾力を失い機能しなくなります。構造的に複雑なこともあり、すべての部品が正しく機能しなければ、お風呂場にもお湯が供給できません。少しでも問題があれば給湯器 修理も必要ですが、1箇所が壊れたら他の部分にも問題が出る可能性を考えなければいけません。
経年劣化は、同じ環境で使われている他の部品にも表れます。そのため1箇所部品を交換したら、他の部分の問題も考え、事前に交換することもリスクを低くする方法の一つです。何度も水道工事が必要な場合には、本体ごとの交換も視野に入れておきましょう。

■給湯器には寿命もある

給湯器には、寿命もあります。使っているうちに劣化するのがトラブルの原因ですが、交換できる部品があれば修理もできます。いずれこの部品も手に入らなくなるのが、寿命と直結する部分です。
給湯器のメーカーも部品を作って対応しますが、リリース開始から10年も経つと生産が終わります。生産が終わると、修理のための部品が手に入らなくなるため、これ以上直すことができません。設置から7年過ぎたあたりから、修理よりも交換を検討しておくと安全なのは、こうした仕組みがあるからです。

■まとめ
お風呂場でお湯が出ないのは、機能的に大きな問題です。修理工事をするとしても、連続で直さなければいけない状況は経済的な負担も大きくなります。必要不可欠な設備にもなるため、何か問題に気がついたときには、早急に水道工事会社に相談することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ