水道工事に修理を依頼する給水もしているウォシュレット

世界に誇れる日本の技術はいろいろとありますが、ウォシュレットは革命的ともいわれます。それほど素晴らしい性能を持っていますが、故障しないものではありません。何らかのトラブルを抱えると、給水している以上、水漏れの問題も出てくるからです。

■精密な家電製品

水道から給水して、内部で温めたりしながら吹き出すウォシュレットは、日本のトイレにかなり普及してきました。数多くの家庭でも使われるのは、それだけ便利だからです。快適な環境を作るために必要な設備となりましたが、トラブルも珍しくありません。使う回数が増えれば、それだけ故障する可能性も増えます。家族が多いときには、それだけメンテナンスもしなければいけません。
ウォシュレットは、給水して使いますが、家電製品のひとつです。精密機器にも属するため、トラブルを抱えたときには応急処置をして水道工事業者などに依頼する必要が出てきます。電気を使うため、素人では判断できない部分も多いからです。

■電気を止めて水を止める

ウォシュレットは非常に複雑な機械です。電気を使ってノズルも出入りしますし、水道から給水された水も使用します。水漏れが起きると、電気にかかるような状況も発生するため、まずは電源を切らなければいけません。感電の危険があるので、水がかかっている状況が大変危険であることを知っておきましょう。
給水もしているため、電気を切っても吹き出したり漏れだしたりする可能性も出てきます。電気の次に止水栓や元栓も閉めて水道工事業者に依頼すると被害の拡大を抑えられます。

■まとめ
ウォシュレットは、構造的にかなり複雑なので簡単に修理もできません。修理も水道工事業者のほか、家電製品として購入先に相談する方法もあります。電気は感電の危険性もあり、家庭用でも大きなリスクが発生します。専門家であれば、安心して任せられるため、無理をしないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ