トイレの交換は水道工事会社の施工がポイント

水道工事は簡単にできません。素人ではできないこともたくさんありますが、トイレの交換もそのひとつにあげられます。水道も使用しているので、施工には技術も知識も必要です。交換した後の処理も考える必要があるため、新しくしたいときには業者への相談が必須といえます。

■快適な環境を作るために

トイレは、一人で使う設備ですが、毎日欠かさず利用する場所なので快適性が重要です。掃除をこまめにして清潔な環境を維持したいと思う場所でもあります。トラブルが起きれば、すぐにでも修理が必要ですが、問題が多くなったときには、トイレを交換することも選択肢の一つです。
これまでは、便器本体とタンクが必要で、かなりの場所を取っていました。限られた狭い空間に設置されると、窮屈な思いをしたものでしたが。現在のタンクレスにすると、水道を直結して使うため、タンクの分だけ広くできるのが特徴です。便座だけになるため、今後トラブルが起きても、便座だけを交換すれば対応できるのも大きな違いになるでしょう。

■トイレが変わると手間も変わる

トイレの交換工事を施工すると、水道代にも大きな差が生まれます。使用量は年々少なく改良されており、節水効果を期待できるからです。水を使う量を抑えても、洗浄能力を工夫しているため、思っている以上に清潔な環境を維持できます。
交換してみると掃除の手間が減るのは、表面のコーティングに違いがあるからです。陶器でできているため、割れたりしなければ使い続けられますが、表面はやはり劣化しています。汚れも簡単に落ちなくなり、掃除にも時間がかかるため、新しいものに交換すると、手間のかかり方に驚くでしょう。

■まとめ
トイレの施工をする場合、取り外して交換しなければいけません。下水との接続の問題もありますし、自分で便器を処分するとなれば大変です。確実に使える状態を作るためにも、専門業者に施工を依頼すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ